LAB-GROWN
DIAMOND

ラボグロウンダイヤモンドについて

ラボグロウンダイヤモンドは、天然のダイヤモンドが育つ地球内部の環境を研究室で再現し、
人の手で育て上げた本物のダイヤモンドのことです。
ダイヤモンドの育つ環境から「ラボ(研究室)+グロウン(育つ)+ダイヤモンド」と呼ばれます。

WHY WE USE IT

01:CLARLTY圧倒的な透明感

ダイヤモンドは炭素原子の結晶ですが、ほとんどの天然ダイヤモンドには窒素などの不純物を含まれています。ラボグロウンダイヤモンドは、人の手で生成プロセスを管理することで、窒素を含まない「TYPE況拭廚侶訃修箸覆蝓△茲蟒稘戮旅發さ韻を放ちます。「TYPE況拭廚賄形灰瀬ぅ筌皀鵐匹涼罎任鰐1%しか存在しない希少性の高いの高いタイプで、非常に美しい輝きを放つダイヤモンドです。




02:SUSTAINABILITYサステナビリティ

天然ダイヤモンドは、その希少性と魅力的な美しさの一方で、採掘時の環境破壊、過酷な労働環境、児童労働などの課題が指摘されています。ラボグロウンダイヤモンドは、それらの社会課題に加担することなく生産されます。私たちは、ダイヤモンドジュエリーを嗜好する文化を、人や環境を傷つけることなく、この先の未来にも残していきたいと考えています。そのための新しい選択肢のひとつとして、ラボグロウンダイヤモンドを使ったジュエリーを提供しています。



03:DAILY USE日常に花を添える

ラボグロウンダイヤモンドは、採掘などにかかるコストがないため、価格を天然ダイヤモンドより約30〜50%安く抑えることができます。これまでは「特別な日に身につけるもの」だったダイヤモンドが、日常へと取り入れやすくなりました。毎日に花を添えるようにダイヤモンドジュエリーを身につけることで、日々の心に煌めきが生まれますように。



FAQ

ラボグロウンダイヤモンドは本物のダイヤモンドですか?

はい。ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドが育つ環境を研究室で再現し、人の手で育て上げた、本物のダイヤモンドです。天然ダイヤモンドと異なるのは「育った環境」のみで、化学式、熱伝導率、結晶構造、硬度、密度、光の屈折率、分散の仕方なども含め、物質としてはまったく同じです。

「キュービックジルコニア」や「モアッサナイト」とは何がちがうのですか?

キュービックジルコニアやモアッサナイトもダイヤモンドとよく似た見た目上の性質をもちますが、ダイヤモンドとはまったく別の物質です。ラボグロウンダイヤモンドの化学式は、天然ダイヤモンドと同じく「C」ですが、キュービックジルコニアの化学式は「ZrO2」、モアッサナイトの化学式は「SiC」です。光の屈折率や分散率、密度、モース硬度等も異なるため、これらは「類似石」とよばれます。

RECOMMEND